ジョンソン基地とハイドパーク展

img_422242_31663970_0

アメリカ文化との接点をさぐる展覧会が狭山市立博物館で11月3日から来年1月14日まで開催されます。
当時の写真や関係者の証言を集めて公開するほか、基地に隣接していた広大な将校用住宅街を再現した1/150サイズのジオラマも展示。また第2会場として、博物館近くの米軍ハウスを見学できるそうです。またフラットハウスの著者アラタ・クールハンドさんのトークライブが12月23日にあります。

かなり面白そうな企画展です。

●会期
2012年11月3日(土曜日・祝日)~2013年1月14日(月曜日・祝日)

●開館時間
9時~17時(入館は16時30分まで)

●休館日
祝日を除く毎週月曜日と、12/25、12/27~1/4が休館となります。

●入館料
大人150円(100円)、高校生・大学生100円(60円)、小学生・中学生50円(30円)
※11/1~7(彩の国教育週間)と土曜日は、小・中学生無料(11/5は休館)
※11/14は、どなたも無料

●場所
狭山市立博物館

●トークライブ
FLAT HOUSE meeting 古い平屋生活の魅力狭山では見慣れた米軍ハウス。10年以上に渡る取材を通してハウスを知り尽くした第一人者が、身近なありふれたものとして見過ごされてきたハウスの魅力を語ります。
・日時:2012年12月23日(日曜日・祝日)、13時30分~14時30分・講師:アラタ・クールハンド氏
〔略歴〕イラストレーター。2009年、『FLAT HOUSE LIFE―米軍ハウス、文化住宅、古民家…古くて新しい「平屋暮らし」のすすめ』を中央公論新社より刊行。
・会場:博物館近くの米軍ハウス(企画展第2会場)
・定員:30人
・参加費:無料(博物館の入館料が必要)
・申込み:11月27日(火曜日)9時から、電話で狭山市立博物館へ。
※お1人で2名分まで申込みができます。

 

参考記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20121028/CK2012102802000143.html
http://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/museum/kikakuten/johnson.html

 

 

ハウスに関する書籍

ハウスが使われている映画