守るためのアイディア

アメリカンハウスをいかにして維持または増やしていくか、そしてアメリカンハウスでいかにして福生の住人を増やすかを考えてみた

 

A案

イベント&企画などで話題作りをしパブリシティ(サイト、書籍、新聞、雑誌、映画、CM、ニュース)で市民や行政の方にアメリカンハウスの魅力を知ってもらい
アメリカンハウスが街を盛上げるキーワードだという事を認識してもらう。

ー 市民、大家、行政の意識改革・アメリカンハウスの価値向上

 

B案

福生市が、アメリカンハウスを文化財(市のシンボル)と認め、ハウスの大家さん・住人への税金・固定資産税の減税・免除。
福生市としては税収が減るのを懸念する可能性があるが、アメリカンハウスが 市のシンボルとなれば各メディアに注目され、あこがれとして福生に住みたい人が増え、なおかつ観光資源となり土地価格も上がり逆になにかと税収が増えることになる。

ー 住人の獲得・市民、大家さん、行政の意識改革・アメリカンハウスの価値向上

 

C案

福生をよりアメリカンハウスの街とし、住み方にバリエージョン(所得によっていろんなタイプを選べる)を持たせるため、新しいハウスを建設したり、文化住宅やアパート・マンションをアメリカンハウス風にリノベーションする。
また、お金はないがどうしても既存アメリカンハウスに住みたい人はシェアハウスの提案。

ー 福生の生活に憧れをもつ幅広い年齢層の獲得。(家族連れ・夫婦・単身者・学生)

 

D案

アメリカンハウスの空気感を商店街にも取り込む。

1階部分を商空間、2階部分を居住空間(アメリカンハウス風)にし、個性と魅了のある商店街とする。

ー シャッター通りと言われてる商店街の復活と住人の確保

ハウスに関する書籍

ハウスが使われている映画